幼女戦記の番宣CMが公開! 第一話『ラインの悪魔』の場面カットとあらすじも来たぞ!!

2017年1月から放送が始まるアニメ『幼女戦記』の番宣CMがYouTube上にて公開されました。すでに番宣CMが流れている番組もあるようです。

また、アニメ第一話のタイトルとあらすじも公式サイト上にて公開されました。幼女戦記の第一話のタイトルは「ラインの悪魔」とのこと。

帝国西方、国境付近のライン戦線。帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は、完全に想定外の事態であった。対応に追われた帝国軍は辛うじて防衛線を死守し、協商連合へと北進させていた主軍の転進を発令。戦線の再配置を急ピッチで進めるが、やはり対応の遅れは否めず、初戦における多大な損耗は免れなかった。そこで帝国軍参謀本部は、増援として航空魔導部隊を前線に投入。だが増援は新兵ばかりの寄せ集めに過ぎず、劣勢を余儀なくされていた。塹壕線には砲弾が止むことなく炸裂し、爆煙と轟音のなか、多くの兵士たちが次々と銃弾に倒れてゆく。そんな地獄のようなライン戦線には、戦場に似つかわしくない金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフの姿があった。

出典:幼女戦記公式サイト第一話より

主人公のターニャ・デグレチャフを語る上で知る必要がある「とある設定」に関してはアニメでも存在するそうですが、おそらく2話以降に種明かしとなるでしょう。その時の初見組の反応が楽しみですね。

そもそも、なぜライン戦線から始めるのかという疑問はあるでしょうが、これはアニメならではのインパクトを視聴者に植え付けたいからではないでしょうか。最近では1話切りというものが存在しますから、まずはインパクト重視の戦闘シーンから始め、それ以降に世界観や設定の説明という流れにしたいのだと思います。

果たしてそれが吉と出るのか凶と出るのか…最速である2017年1月6日のAT-Xが楽しみですね。