幼女戦記 1話の感想|音と作画の良さ

原作の始めではなく途中から始めることで視聴者を引きとめようとした幼女戦記 1話。確かに原作組からすると作画の良さは分かりましたし、何よりも音の良さが分かりました。

音は雰囲気を出す上で非常に重要な要素です。しかしそのことを軽視しているのかは分かりませんが、イマイチなアニメが多い中、幼女戦記は満足するような音だったと思います。

作画も同様ですね。最近はなんじゃこりゃと思うような作画のアニメが多いですが、幼女戦記はしっかりとしていたと思います。

そういったところを見ることができたのは良かったと思いますが、果たして初見が耐えうる1話だったのかというと微妙なんじゃないかと思います。

その理由はライン戦線から始まったということですね。作中での説明はありますが、幼女戦記とは戦記ものです。説明したからといって一回で覚えられるかというと大体の人は無理ですよね。

私なんか馬鹿ですから、原作を読んだ上でもイマイチ理解できていませんでしたw

という風に考えると、初見組には何が何やら…な状態なんじゃないかと思ってなりません。まぁ初見ではない私としては、作画と音の良さが分かっただけでも満足なんですが。

つまり、私は面白かったけど、初見は大丈夫なのか不安になってくる。ですね。

で、まぁここまでは何だかんだ言いつつ満足したという感想でした。ここからは幼女戦記のダメなところをあげます。

ズバリ、キャラデザ。いや、全てが悪いわけじゃないんですよ。男のキャラデザは文句なしですし、良い感じだと思います。ただ、たださぁ…ヴィーシャは何なのさ。

これはアニメが始まる前から分かっていたことです。そのため、色々なところで不安の声が上がっていました。しかし、このすばなどの例があり、まぁアニメになれば大丈夫だろうと思っていました。

思っていました。

駄目じゃん。主人公のデグさんに関しては人によってはダメって人はいるかもしれませんが、私は特に問題ありませんでした。何だかんだ原作に近いキャラデザになっています。

しかし、ヴィーシャに関しては全然違います。違う分には仕方ないと思うんですよ。なにせデグさんとヴィーシャはよく似ていますから、分かりやすくするためには仕方ないことだと思います。

でも、それにしたってさぁ…目がデカすぎんよ!

良い雰囲気のアニメでした。戦争としての雰囲気は出ていたと思います。しかし、ヴィーシャに目がいってイマイチ集中できない。この点に関しては擁護できません。駄目ですね。

まとめ

まぁ文句言いましたが、ヴィーシャ以外のキャラデザには文句なしです。そして、キャラデザ以外の部分も文句ありません。原作組としては、ですが。というわけで、次回は「プロローグ」のようですから色々と楽しみですねw